外国語の学習方法は様々~独学・塾・試験・研修いっぱいあります~

傾向と今後

男性がカメラに向かってピースサイン

英検の傾向とその歴史

英検はかつて中学生や高校生が受けるものでしたが、最近は小学生も受けるようになってきました。そのため英検対策も多様化しています。学校で勉強するだけではなく、英検対策に特化した塾も現れ、個人に適した英検対策を行ってくれます。そのため、幼い子供が英検に挑戦し、合格することが増えてきました。2級以上の高い級を小学生が所持していることも少なくありません。特に帰国子女は、外国で培った英語力が落ちないうちに1級を取ってしまうこともあります。また、就職の際に履歴書に書けるのは2級以上なので、就活直前の大学生が集中的な講義を受けて2級に挑戦することもあります。このように、多くの人が受験するようになってきています。

今後重要視されることは

さて、英検対策の要となるのは二次対策です。一次試験は学校の勉強をしっかり行っていれば突破できますが、スピーキング能力が問われる二次試験は専門的な対策を行わなければ突破できない可能性があります。 最近は、この二次対策に特化した英会話塾が増えてきています。スピーキング能力は英検だけではなく、留学やビジネスの場でも非常に重要なスキルとなります。そのため、英検合格より先を見た授業を行う塾が増えていています。以前日本人は文法や単語を暗記する能力には長けていましたが、スピーキングは非常に苦手とされていました。しかし最近では、外国人相手でも臆せず話すことができる若者が増えてきています。そのため、二次試験での合格率も上がっています。