外国語の学習方法は様々~独学・塾・試験・研修いっぱいあります~

海外で働ける

男性が本を読んでいる様子

自由度の高いビザがあります

ワーキングホリデー制度とは外国の生活様式や文化などを理解するために、一定の期間を滞在しながら、滞在費を得るために就労することも許可される制度です。通常の渡航では就労は認められないことがほとんどです。就労するには就労ビザが必要な国が多数です。しかしこのワーキングホリデー制度では勉強や観光を楽しみながら働くことができます。どこの国でもある制度ではありません。オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリスなどで行うことが出来ます。各国によって制度や定員に違いがあります。 その中でもカナダはビザの定員枠も多いため行きやすい国のひとつと言えます。広大な自然を訪ね歩くには、ワーキングホリデーで長期滞在するのがぴったりでしょう。夏も涼しく北海道ぐらいの気温です。電圧も日本と同じなので、そのまま日本から家電を持ち込めます。滞在は最長1年間です。語学などを学ぶ場合、学校へは最長半年間通えます。しかし学生ビザと違い、語学勉強を必ずする必要はありません。

ワーキングホリデービザの条件

ワーキングホリデービザの申請にはいくつか条件があります。日本国籍を持っていること、申請時の年齢が18歳以上30歳未満、2500カナダドル以上の資産を持っていること、医療保険に加入していること、150カナダドルの参加費を払うことなどが条件になっています。 申請は1年中出来ますし、1年以内なら出発時期も自由に決めることができます。申請はオンラインでします。カナダでの滞在先などを決める際や、語学学校に通うならどこにするかなど色々と決めなくてはなりません。就労できるからと言ってもそう簡単にバイトが見つかるか、わかりません。手続きや現地での生活が不安であれば、カナダのワーキングホリデーの代理店に依頼するほうがいいでしょう。ビザ申請から現地滞在中のことまで相談に乗ってくれます。