外国語の学習方法は様々~独学・塾・試験・研修いっぱいあります~

色々な方法

女性二人がパソコンを見ている様子

大学入試などを控えていると、それぞれの目指す大学や学部によって、勉強対策などにも違いが見られます。特に英文科などの場合には、TOEFL試験の結果が重要視される事も多くあります。 TOEFL対策を行う場合の費用については、その勉強方法によっても違いがあります。自分で対策する場合には、参考書代金が必要になりますし、模擬試験をどこかで受ける場合もありますので、その際の費用なども掛かる事になります。参考書の場合には、CDがセットになっているものを利用している人も多く見られ、2,000円から3,000円位の価格で販売されています。唯、ユーズド専門の本屋などを利用すると、100円位で購入する事もできますので、この様な参考書をいくつか利用すると、TOEFL対策の費用としては、かなり低く抑える事などもできます。

TOEFL対策の変遷としては、まずは、このテストが実施されたのが1964年の事でしたので、日本での導入としては、まだ歴史としては浅い1980年頃の事になります。この頃に、日本の事務局としても開設され、テストが実施される様になりました。このTOEFLテストを、英語を母国語としない人の英語コミュニケーション能力を測る一つの方法として取り入れる国が増えていく事になり、日本でも次第に試験を実施する回数などが増えていきました。現在では、TOEFLテストの結果をその人の英語能力として判断している大学なども増えており、TOEFL対策を専門に行う学校なども出てきている状況となっています。 TOEFL試験は、年に何十回も実施されますので、自分のタイミングを見計らって受験してみてください。